確定申告は個人でもしないといけない場合はあります

確定申告には個人と法人があります。
個人は個人事業主も含まれています。
お店をやっている人は個人事業主ですね。
法人は会社です。

確定申告の季節になると憂鬱になる人は多いです。
確定申告をするのが憂鬱ではなく確定申告が大変だから憂鬱になります。
確定申告は楽ではないですからね。
確定申告になれていない人ほど良く分かりません。
必ず個人で確定申告をしないといけないという事はないですが、個人でも確定申告をしないといけない場合はあります。
確定申告は収入などの報告ですから国民としては義務です。

自営業は確定申告が必要です。
お店をやっていたら個人事業主ですからね。
個人事業主には確定申告を行う義務があります。
確定申告をする時は大変で分からない事もありますが、確定申告が終わればホッとします。
個人は特にホッとするでしょうね。
確定申告が終われば翌年まで確定申告をしないで済みますからね。
確定申告は収入の申告だけではないです。
病院に掛かったのも申告した方が良いです。
入院などの申告を怠ったら医療費控除が受けられない可能性がありますからね。
医療費がいくらか返ってくると思ったら全く戻ってこないという事もあり得ます。
確定申告は会社がしてくれる場合でも気にしておいた方が良いです。