元町の美容室に転職

長いことお世話になってる美容師さんが、違うお店に転職するそうです。
美容院って、担当の美容師さんで決めてる人多いんじゃないでしょうか。
その人とのおしゃべりが楽しくて、そのお店に通い続けるとか。
髪質とか、髪の毛のクセをよく分かってくれてるから自分に合ったセットを提案してくれる、とか。

私もそうです。
私の扱いにくい髪をよく理解してくれてて、忙しい朝でもセットがしやすい髪形に切ってくれます。
その美容師さんとは話も合うし、月に一度でも通うのがとても楽しみでした。
イヤな思いをしたことも全然ないので、その美容院が大好きだったんです。

でも、担当の美容師さんが違うお店に行くと知って、次回の予約を取ることをためらいました。
そのとき気づいたんです。
私はこの美容院が好きだけど、担当の美容師さんがいるからここに通ってたんだって。
美容師さんが転職するお店に、自分もついていこうと決意しました。

新しいお店は元町にあって、その元町の美容室は今までとたいして距離は変わりません。
いずれは自分のお店を持ちたいそうで、次行くお店で更なる修行を積むそうです。
独立されたら、またそこでもお世話になりたいなと思います。
美容院というのは、技術や雰囲気だけでなく、結局は人と人とのつながりで成り立ってるんですね。